読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周りのアングラーに釣り勝つためのシーバス確釣メソッド

より多くのシーバスを得るためのメソッドを公開していきます。

【シーバス バチ抜け の裏ワザ】釣れないときは○○を狙う!

 

 

んにちは

ゴリ右衛門です。

 

 

前回お話していたパターンのうちの春の釣りと

ちょっとした裏ワザをお届けします。

 

 

まずは四季のパターンを知って

爆発的に釣ってください!

 

 

そうすることでよりやる気が出て

釣りだけでなく日常にも活力があふれます。

 

 

上司に嫌味を言われても大して気にもならずに

サラッと受け流すことができるようになるかもしれません。

 

 

そうすれば終業後のシーバスフィッシングにも

やる気と集中力が出るので間違いなく釣果は伸びます。

 

 

釣れなくて逆にストレスになるような釣りをしていると

釣りだけでなく仕事に行くのも嫌になるかもしれません。

 

 

そのストレスからちょっとしたことで上司とケンカになり

さらに次の日出社するのが嫌にあるかもしれません。

 

 

そんなことになったら釣りどころではなくなってしまいます。

なのでぜひこの内容を参考に楽しいシーバスライフを

送ってください。

 

では本題に移っていきます。

 

 

今回はあなたもご存じ

バチ抜け

についてサラッと書いてみたいと思います。

 

 

夜にゴカイとか青イソメみたいな虫がいっぱい出てきて

それを食いに来たシーバスをシンキングペンシルで

仕留める。

 

 

簡単に言うとそんなパターンです。

 

 

基本的に釣り場の皆さんは沖に投げて巻いてくる。

 

 

ということを繰り返しているかと思います。

いい時は充分釣れます。

 

 

でも釣れない時ってあると思うんです。

僕もよく釣れないバチ抜けに遭遇します。

 

 

特に湾奥のシーバスは気難しいですから。

 

 

そんな時にぜひ試してほしいのが

壁ギリギリを引いてくる

 

 

です。

意外と皆さん狙わないところなのであなただけが

1人勝ちということもあり得ます。

 

 

「なぜ壁際を狙うの?」

 

 

「人との距離も近いし警戒心が強いんじゃないか?」

 

 

きっとあなたはこう思ったはずです。

 

 

独断と偏見交じりではありますが

お答えします。

 

 

「なぜ壁際を狙うのか?」

 

 

・壁に付着している貝などの中にはゴカイ類が大量に住んでいる

 

・足元の壁と水面、もしくはボトム(底)というエサを追い込むため

 のわかりやすい「面」が簡単に2つも演出できる。

 

 

大きく分けるとこの2つです。

 

 

釣り場に立った時に足元を見てもらうとわかるのですが

大抵の箇所には貝が付着しています。

 

 

実はこの貝の中や周りには数多くの生物が住み着いています。

 

 

エビやカニ、小魚そしてゴカイ類。

もし興味があればタモアミなんかでガリガリやって

取ってみてください。

 

 

予想外にいろいろな生物が出てきて

観察しているだけでも面白いです。

 

 

と、そんな感じで生物の宝庫になっているので

もちろんバチを狙うシーバスも寄ってきます。

 

 

そして上に書いた「面」になっているので

捕食がしやすいということもあります。

 

 

辺り一面何もないだだ広い草原で

1匹の獲物を追いかけるよりも

 

 

部屋の角なんかの逃げ場のないところに

獲物を追い込んだほうが捕まえやすいですよね。

 

 

そのように獲物を追い込む場所が「面」であり壁なんですよね。

 

 

 

 

 

しかし人との距離が近いので警戒心があるのも事実です。

なので釣るときの注意点を書いてみました。

 

参考にしてみてください!

 

 

・音を立てない。

 

・自分の影を水面に落とさない。

 

・水面、もしくは底を狙う。

 

 

バス釣りをする人は結構気配を殺すことを

するのですがシーバサーは意外と意識できていない場合が多いです。

 

 

もう一つ「水面or底」というのは

上に書いた「面」の話で分かってもらえるかなと思います。

 

 

これらはバチ抜けのシーバス以外でも

少し意識するだけで釣果が変わるので

是非取り入れてみてください。

 

 

では最後にちょっとしたイメージトレーニングをして

今日からの釣果を少し上向きにしましょう!

 

 

壁のある釣り場を思い浮かべてみてください。

 

 

といってもほとんどの場所に壁はあると思います。

 

 

その中でも貝や牡蠣殻などが付いてるところを

思い浮かべてみてください。

 

 

そして行けるならそこに行って釣りをしましょう!

 

 

今回はここまでとさせていただきます。

 

 

最後までありがとうございました。

 

 

次回は夏のパターンとちょっとした裏ワザを

書いていきますのでよろしくお願いいたします。